「地球を救う」ために、人工昆虫や合成肉を食べますか?

出典:Stop World Control

私たち(Stop World Control)の世界支配シリーズでは、世界経済フォーラムが世界の完全支配を達成するという公式の議題をどのように持っているかを読むことができます。彼らの公式声明と公式声明によると、WEF(世界経済フォーラム)は文字通り地球上のすべてのものを所有することを計画していますが、残りの人類は何も所有しません。

世界経済フォーラムは、国連、世界保健機関、および他のほとんどのグローバリスト組織を支配しています。彼らは、一連の「持続可能な開発のためのグローバル目標」で「世界の状態を改善する」と主張しています。これらの目標の 1 つは、「ゼロ ハンガー」です。これは、世界中のすべての人々に新しい「持続可能な」食品ソリューションを提供するためのアジェンダです。遺伝子組み換えされ大量に散布された植物タンパク質、人工の実験室で育てられた「プラスチック」の肉、巨大なバグ工場で飼育されている遺伝子操作された昆虫

WEFと密接に連携しているビル・ゲイツは、アメリカの膨大な農地を買い占め(ソース)、一方で合成肉を栽培する工場を建設しています(ソース)。そう、その通り…研究所で栽培される合成肉だ。

がんはすでに地球上の深刻な疫病であり、毎年何百万人もの人が亡くなっていると思いますか?人口が大量に合成肉を消費するようになるまで待ってください。工業用食品工場で生産された牛肉は、天然の牧草で育った牛肉と比較して、高い発がん性があることがすでに証明されています。犯罪的で毒性の強い食肉産業が台頭して以来、癌の発生率は一気に上昇した。


“やっぱり、人にがんを売っている”

ある日、私はヨーロッパの有機肉の精肉店に、なぜ有機肉が高いのか尋ねました。彼はベルギー最大の食肉産業のマネージャーだったと説明し、動物がどのような絶対的なゴミを与えられているか、そして過度のストレス、十分な運動不足、日光の欠如、および短い生存期間中の中毒の結果として、どのように酷い病気になっているのかを見たというのです。

「これらの動物が死なない唯一の理由は、彼らが常に薬を注射されているからです。その肉を人々に手渡したとき、私は人々に癌を売っていると想いました。最終的に、私は自分の良心を黙らせることができなくなったのです…」

、私は、歩き回るスペースが十分にあり、人生のほとんどを屋外で過ごし、自然で健康的な食べ物だけを食べ、一滴の薬も必要としない動物の健康な肉のみを販売しています。これらは幸せで、健康で、強く、ストレスを感じません。肉が人々の恵みである自由な動物。」

この肉屋さんが私にそのように心を開いてくれて以来、私は二度とスーパーマーケットから肉を買うことはありませんでした.。これは、人類がこれまでに消費した中で最も有毒な「食品」の 1 つです。

金融暴君は今、人類に遺伝子組み換えの人工食品を食べさせることで、食品業界をさらに毒するというアジェンダを推進しています。

成功するために、彼らは世界中で何百もの食品生産または流通施設を破壊してきました。米国だけでも、過去数年間に百以上の大規模な食品事業が破壊された(出典)。つい最近も、パリにある世界最大の青果市場が炎上しました( 出典 )。

このことを心に刻んでください…アメリカの多くの主要な食品工場、そしてNo. WEFが現在の食糧供給を終わらせ、全人類を新しい合成食品に依存させるという話をしているときに、アメリカの多くの主要な食品工場と世界一の農産物市場が燃え尽きたのです。


を殺せば助成金…政府に振り回される酪農家たち(日本)

オランダでは、WEF によって管理されている政府が、すべての農家に家畜の多くを殺すよう要求しています (ソース)。政府は、家畜の処分を拒否する農民の土地を差し押さえると脅迫しています。

ばかげた言い訳は、牛が「気候に悪い」二酸化炭素を大量に排出するというものです。しかし同時に、政府は農地を工業団地や新しい都市部に置き換えたいと考えています。彼らは、すべての主要都市を、オランダとベルギーの大部分を占める トライステート シティ ネットワーク と呼ばれる1 つの巨大なメガ スマート シティ に接続することを計画しています。確かに、これは、緑の牧草地ですべての牛が放牧されるよりも、気候にとって「はるかに良い」でことでしょう。

同じアジェンダが世界中で推進されています。オーストラリアでは、「バイオセキュリティ」の理由から、自分の食べ物を育てることは「非常に危険」であると悪者扱いされています (出典)。

英国では、政府はガーデニングが心臓病を増加させると主張しています (出典)! 

人々は、庭で作業している間はフェイスマスクを着用するように言われています。

一方、世界中で昆虫工場が建設されており、何兆もの遺伝子組み換えされた昆虫を繁殖させて、自然の食物供給を置き換えています。

この写真は、世界最大の昆虫工場を示しています。そこでは、遺伝子操作された昆虫が大衆によって大量消費のために飼育されています。大衆は、これは彼らにとって「良い」ものであり、「地球を救う」と言われています。なぜなら、牛は「危険」だからです.

当然のことながら、これらの昆虫は、コストを最小限に抑え、収益を最大化するために想像できる最も安価なゴミを与えられます. 「より良く、より持続可能な世界」のために、世界経済フォーラムの狂人たちを応援しましょう。

「飢餓ゼロ」を達成するという目標は、実際には、WEF によって完全に制御された新しい人工食糧供給に人類を依存させることです。

続きを読む>世界経済フォーラムの完全な狂気