【イギリス公共放送BBC報道】G7サミット:広島でデモ隊と警察が衝突、地面に押さえつけられる参加者も

出典:2023年5月22日|BBC

主要7カ国首脳会議(G7サミット)が行われた広島で21日、サミットに反対するデモ隊が機動隊と衝突した。

現場で撮影された動画には、小競り合いの後、警官がデモ参加者を地面に押さえつけている様子が写っている。

このデモにはさまざまな左派や極左の集団が参加し、G7サミットのことを「核戦争会議」だと主張していた。

今回のG7サミットには、インドやブラジル、韓国といった8カ国が招待されたほか、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領も参加。

ロシアのウクライナ侵攻に加え、中国との関係を含むさまざまな外交政策が話し合われた。


出典:ParsToday|2023/5/21

G7サミット 戦争反対デモ 広島

G7広島サミット2日目の20日、広島市では被爆者団体のメンバーや全国から訪れた市民などが参加して、核兵器の廃絶を求めるデモが行われました。

NHKによりますと、参加した人たちは、広島市中区の商店街を出発し、「G7広島サミットに被爆地の声を」などと書かれた横断幕や、英語やロシア語、中国語などで「核兵器廃絶」と書かれたプラカードを掲げながら行進しました。

2歳の時に爆心地からおよそ2キロの場所で被爆し、両親を亡くしたという79歳の女性は「G7首脳は被爆者の声を聞いたのならば、核兵器がいかに悲惨かを世界に発信してほしいです」と訴えていました。

また、広島市の60代の女性は「G7各国には、核兵器禁止条約に参加してほしいです」と話していました。