11月8日“皆既月日蝕”と“天王星日蝕”~『神聖な介入瞑想』日本時間20時02分開始

出典:国立天文台

11月8日の夜、皆既月食が起こります。この月食は、日本全国で観察することができます。南西諸島では部分食の始まり時点での月の高度がまだ低いですが、多くの地域で月の高度がある程度高くなる時間帯に皆既食となり、観察しやすいでしょう。

各地での予報は下の表のとおりです。月は、18時9分から欠け始め、19時16分に皆既食となります。皆既となった月は、「赤銅色(しゃくどういろ)」と呼ばれる、赤黒い色に見えます。皆既食は86分間続いて20時42分に終わり、その後は徐々に月は地球の影から抜けて、21時49分に部分食が終わります。この進行は、どこで見ても同じです。


赤銅色の月の陰に隠れる青い惑星

月食の最中に、小笠原諸島を除く日本のほとんどの場所で月が天王星を隠す「天王星食」が起こります。天王星は約6等級で、薄い青色に見えます。非常に条件の良い空でも肉眼で見える限界の明るさですから、双眼鏡や望遠鏡などを使って探してみるとよいでしょう。普段の満月のすぐ近くであれば、圧倒的な明るさに負けてしまいますが、多くの地域では天王星の潜入時に月が皆既食中で暗いため、見つけやすいのではないでしょうか

(注)この表では、天王星の潜入および出現が開始する時刻を表記しています(1秒未満は四捨五入)。惑星には視直径があるため、実際に潜入や出現が開始してから終了するまでには若干の時間がかかります(今回の天王星では10秒から20秒程度)。また、月縁の山や谷などの地形によって数秒のずれが生じます。

神聖な介入瞑想 
日本時間11月8日火曜日20時02分開始

この勢いを維持するため、光の勢力は導かれていると感じた人に対して、月に一度の満月の瞬間に神聖な介入の瞑想を行うよう求めています。これにより光のポータルを開放状態に保ち地球上の光のグリッドが強化されることになります。

関連過去記事

Cobra 2021/12/17:神聖な介入立ち上げ更新情報(祝*嘆願書署名クリティカルマス到達・最終ブースター瞑想は日本時間12月19日午後1時35分)